土地について

土地には建築条件つきと建築条件なしという言葉があります。土地を購入するときに売主、またはあらかじめ決められた建築会社で一定期間内に家を建てる契約を結ぶことを条件とした売買方法を建築条件つき土地といいます。売買契約後一般的に三か月という一定期間内に建物建築請負契約を結び、建築請負契約が成立しなかった場合、売買契約までさかのぼり契約自体がなかったことになります。間取りや仕上げは自由ですが、建築会社が対応していない工法や納入できない材料や機器は使えず、建築会社が限定されるので思いのままの家を建てたい方には不向きです。 それに対し、建築会社を指定しない状態で販売されている土地のことを建築条件なし土地といいます。 土地のみの売買契約になるため、間取りや工法、好きな建築会社やハウスメーカーを自分で選ぶことができます。売買契約後に一定期間内に家を建てなければならないという制限もありません。そのため、購入主の好きな時にお好みの建築会社で自由な思いのままの家を建てることができます。 このような違いがあるため、土地の購入をする際には事前に条件がついているのかどうか確認をしておくと後になって失敗や後悔がない購入になります。

Copyright ©All rights reserved.駐車場に利用できる土地.